本規約は、NEW GENERATIONバレエコンクール制作委員会(以下、「制作委員会」と言います。)が主催するNEW GENERATIONバレエコンクール(以下、「当コンクール」と言います。)コンクールが開催されているホール、施設のを「会場」と記載し、参加する際に参加者に遵守して頂く事項を定めたものです。

参加者は、本規約の全文をお読みいただき、主旨をご理解いただいた上で、本規約に同意して頂く必要があります。

1、目的

ここから“世界へ翔く” チャンス

世の中の全てが、その時、その時点でのNO.1を決めるような動きになっています。
そのような中、このコンクールは、目に見える順位という数字ではなく、Only Oneの自分を見つけるというところを大切にしています。
コンクールに参加する事により、自分にしかないOnly Oneに気付き、また、海外留学をする事ができるスカラシップを受賞する事により、世界へ翔く道が開けます。
海外留学をする事により、今後の人生の礎になる事を願っています。
それ故に、今まであるコンクールとはスタイルを変えたコンクールです。
このコンクールを通し、人生とは何か、バレエとは何か、そして芸術とは何かと謂う事を、指導者の方を中心に、出場者やご家族の方に再確認して頂き、クラシックバレエを学んでいるというプライドとクラシックバレエというブランドを大切にする事を目的としています。

2、参加における諸注意

参加者

  • 参加者の国籍は問いません。
  • 参加者は、開催国の言語を理解できるか、またはその手段を個人の責任で確保した上で参加申し込みを行う事とします。
  • 参加者は、参加申し込み時点の情報を元にエントリー画面より参加申し込みする事とします。
  • 参加者は、反社会的勢力の関係者では無い方のみ参加可能です。
  • 参加者が未成年者の場合、法定代理人の同意を得た上で、参加申し込みを行う事とします。この場合、法定代理人は全ての責任を参加者本人と連帯して負うものとします。
  • 審査作品はソロに限ります。
  • 参加者は、取得したコンクールの参加権利を、他者へ譲渡する事はできません。
  • 参加者は、制作委員会及びその協力者、舞台スタッフ、イベント講師、審査員(以下「制作委員会等」と言います。)の指示等に従い、当コンクールの円滑な運営に協力するものとします。

音源

  • 音源は、CD1枚に1曲を収録して提出する事とします。録音方式はCD-DA録音(標準録音)に限ります。
  • 音源は、著作権・上演権が発生する場合の料金は参加者が自己負担する事とします。
  • 音源は、参加者に送付する「ご案内」に記載された提出期限までに提出する事とします。
  • 音源の曲目は、ホームページ及び、募集要項に記載されている情報を基準とする事とします。

確認書

  • 送付された「確認書」(エントリー時の内容を確認する為の登録情報の媒体を「確認書」と言います。)は、訂正事項が無い場合でも返信する事とします。
  • 「確認書」が、期日までに返信されなかった場合の、訂正内容は無効とします。
  • 「確認書」の訂正は、内容として誤字脱字の訂正のみを指します。曲目、分数等の作品に関する訂正は含まない事とします。

授賞式

  • 全ての審査終了後に授賞式にて結果を発表します。後日、ホームページにも授賞一覧を掲載します。
  • 授賞式は、原則として全員参加とします。
  • 授賞した参加者に対して、賞状、副賞、特別賞、スカラシップならびに奨学金等が贈呈されます。
  • 奨学金は、当コンクールスカラシップのみの対象とします。
  • 授賞式に不参加の場合は、副賞は郵送致しません。
  • 授賞式に不参加の場合は、奨学金への抽選参加資格を失います。

ワークショップ・講演会

  • 講師は都合により予告なく変更する場合があります。その場合でも返金は致しません。
  • 参加権利の譲渡はできないものとします。
  • 他者と共有はできないものとします。利用できるのは、申込みされた参加者のみとします。
  • 参加は、申し込まれた指定日のみとします。

Limited Pass

  • 申込み後のキャンセルの場合でも返金は致しません。
  • 権利の譲渡はできないものとします。
  • 他者と共有はできないものとします。利用できるのは、申込みされた参加者のみとします。
  • 利用は、申し込まれた利用指定日のみとします。
  • 利用には、年齢制限があります。L1~L4部門の方の、申込みはできません。

忘れ物・紛失物

  • 忘れ物・紛失物はコンクール終了時まで保管致しますが、コンクール終了時に処分するものとします。

支払い

  • 支払者名義は、募集要項等で指定された例に従って記入する事とします。
  • 支払者名義は、個人名のみとします。団体・法人名での入金は不可とします。
  • 支払いにかかる手数料は、参加者が負担する事とします。

キャンセル

  • 参加申し込み後、定められた期日までに入金が確認できない場合はキャンセルとして扱います。
  • 入金後のキャンセルについては、返金出来かねます事をご了承下さい。

失格

参加者が、下記にあげる項目に該当した場合、止むを得ず失格とします。

  • 曲目変更期限の期日までに連絡が無く曲目が未定の場合。
  • 参加申し込み後の「確認書」送付までに未定の項目がある場合。
  • 参加者による悪質な参加規定違反が発覚した場合。
  • 会場にて公序良俗に反する発言や進行を妨害する行為を確認した場合。
  • 当制作委員会が、当コンクールの進行の妨げとなる行為をしていると判断した場合。
  • 一切の説明なく指定した時間及び場所に、来なかった場合。
  • 音源について以下の項目に該当した場合。
    • 提出期限を過ぎてCDを提出した場合。
    • 使用期限が終了した音源を収録したCDを提出した場合。
    • 録音方式が指定と異なるCDを提出した場合。
    • ケース等への表記と収録曲が異なるCDを提出した場合。
    • 参加申し込みと異なる内容(曲目、分数)のCDを提出した場合。
    • コンクール当日に差し替えのCDを提出した場合。
    • 規定分数を越えたCD。

3、個人情報の取り扱い

  • 参加者は、当コンクールへの応募及び参加にあたって、制作委員会に提供した参加者の個人情報が、以下の目的のために使用されることに同意するものとします。

    (個人情報の利用目的)

    • 情報の掲載、各種リリースへの掲載。
    • 当コンクールおよび関連する講習会等のイベントにおける参加申込手続きに必要な諸対応。
    • 当コンクールおよび関連する講習会等のイベントにおける運営上必要な諸対応。
    • 当コンクール実施後に賞状等の配送などの必要な諸対応。
    • 当コンクールで授与したスカラシップ参加者へレポート執筆依頼などの連絡。
    • その他緊急時に必要な諸対応。
  • 当制作委員会は、情報発信のため当コンクールの内容を任意の媒体において公開することがあります。参加者はエントリーNO、氏名、所属スタジオ等のプロフィール、映像、写真等が記録・公開されることに同意したうえで、当コンクールに参加するものとします。

4、映像権・肖像権

  • 当コンクールでは、会場内での映像・音声・画像の撮影を固くお断りしております。会場内での撮影及び録音は、指定された業者のみとします。
  • 当コンクールでは、開催期間中、コンクールに関わる全ての場所に於いて記録をする場合があります。記録した写真、映像の著作権は制作委員会に帰属します。
  • 当コンクールにおいて、参加者が、購入、取得した写真、映像の著作権は制作委員会に帰属します。不特定多数へ向けて公開、上映する場合には、制作委員会の許可が必要となります。

5、著作権

  • 当コンクールで使用するロゴ入りグッズ等の著作権は、著作権は制作委員会に帰属します。

6、免責

  • 制作委員会は、法律に別段の定めがある場合を除き、参加者が当コンクールに参加した結果、参加者に生じた損害や不利益等について一切の責任を負わないものとします。ただし、制作委員会にその損害の発生について故意または重大な過失が存在する場合はこの限りではありません。
  • 制作委員会は、第3者により伝達された当コンクールに関する情報により生じた損害や不利益等について一切の責任を負わないものとします。
  • 自然災害、その他の不可抗力または当コンクールの都合によりコンクールの内容変更または中止となる場合がございます。当該事由に起因して生じた損害に対して当制作委員会では一切の責任を負いません。
  • 当コンクールへの出場または出場できなかった事から生じる参加者の損害に関して、制作委員会は制作委員会の責任による事由による場合を除き、一切責任を負いません。
  • 参加同意書の内容や条件は、予告なく変更する場合があります。変更をする場合、当コンクールのホームページ上で公表します。当該公表時より変更した規約が適用されるものとします。なお、当コンクールの内容や条件の変更に起因して生じた損害に対して制作委員会は制作委員会の責任による事由による場合を除き、一切の責任を負いません。
  • 忘れ物・紛失物は、「2、参加における諸注意」に基づき、コンクール終了時まで保管致しますが、コンクール終了時に後に処分致します。これにより生じた損害に対して制作委員会では一切の責任を負いません。

7、トラブル

  • 当コンクールは、参加者が参加するにあたり、発生した参加者間及び参加者と第三者(参加者、コンクールスタッフ、劇場スタッフ、制作委員会等、見学者等)との問題については、当事者本人の自己責任もしくは当事者間での解決とする。参加者の行為により当コンクールまたは、第三者に対し損害を与えた場合は、損害を与えた参加者本人の責任及び費用をもって解決する。
  • 当コンクール会場(楽屋を含む)において生じた盗難・紛失に対し一切の責任は負わない。問題が生じた場合には、当事者本人の自己責任もしくは当事者間で解決する事とする。
  • 当日、当コンクールが使用している会場での事故等に対し一切の責任を負わない。舞台上での事故についても、エントリー時のオプションにある「傷害・損害保険」に加入した者のみ保険対象となる。
  • 当事者が未成年の場合は、「2、参加における諸注意」を元に法定代理人が全ての責任を本人と連帯して負うものとする。

8、損害賠償

  • 参加者が、故意または過失により制作委員会等が提供する設備、機械、装置、工具等に損傷を与えた場合、若しくは本規約に違反して制作委員会等に損害を与えた場合、制作委員会等は生じた損害の賠償を請求し、当該参加者はこれを賠償するものとします。

9、準拠法および合意管轄

  • 本規約の解釈及び運用は、日本国の法律に準拠するものとします。また、当コンクールに関する訴訟については東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

当コンクールに参加申し込みをした者は、本参加規約に同意があったものとして適切に処理する。