0523

ここから“世界へ翔く” チャンス


世の中の全てが、その時、その時点でのNO.1を決めるような動きになっています。

そのような中、このコンクールは、目に見える順位という数字ではなく、Only Oneの自分を見つけるというところを大切にしています。

コンクールに参加する事により、自分にしかないOnly Oneに気付き、また、海外留学をする事ができるスカラシップを受賞する事により、世界へ翔く道が開けます。

海外留学をする事により、今後の人生の礎になる事を願っています。
それ故に、今まであるコンクールとはスタイルを変えたコンクールです。

このコンクールを通し、人生とは何か、バレエとは何か、そして芸術とは何かと謂う事を、指導者の方を中心に、出場者やご家族の方に再確認して頂き、クラシックバレエを学んでいるというプライドとクラシックバレエというブランドを大切にする事を目的としています。

NEW GENERATIONバレエコンクール制作委員会

特色


1st chance審査を導入致しました。

ベストなコンディションにて踊って頂き良い結果を残して欲しいという願いから1st chance審査を導入致しました。
main審査(本審査)と同等に審査員が評価する舞台審査です。(希望者制)
1st chance審査とmain審査を含んで本番通りに2回踊ることが出来ます。

※1st chance審査とは、予選ではなくmain審査(本審査)で、最高の踊りを踊って頂く為に、main審査の前に実施するものです。
また、評価については、2回踊った結果の内、審査員の評価の高い方を採用します。

スカラシップ・海外ワークショップ

10代の感受性が多感な時期に、海外留学を体験して、見聞を広める事で豊かな人生を育んで頂きたいとの願いから、初めてコンクールに参加する方も含めて大勢の方に、スカラシップが授与されます。

奨学金の授与

「NEW GENERATIONバレエコンクール賞」2名
「ネルシーニョ監督賞」1名
スカラシップ受賞者の中より抽選で渡航費として10万円を3名に授与。

講演会

コンクールに出場することにより、技術面だけではなくバレエの正しい知識を身につけて頂きたいとの願いから実施します。講師に福田一雄先生をお迎えしての講演会です。
今回の題材: 誰も知らない「くるみ割り人形」大研究(予定)

バレエシューズ部門の拡大

近年、コンクールが過熱化することも加わり、トゥシューズを履き始める時期の低年齢化が問題となってきました。
今後の子供たちの身体的影響を考え、バレエシューズ部門の年齢層を広げました。